基本的に心配しなくてもいいこと

ITをユーザーサイドから見てみましょう。
日々、進化しているパソコン、アプリケーション、ついていくのは大変な点もあるでしょうが、実は、基本的なことはあまり変わってないのです。
OS(オペレーティングシステム:パソコンを動かす基本のソフト)が変化すると見た目や、使い勝手が変わります。

最近ではWindows7からWindows8へ変化しました。
その前のWindowsXPとWindows7とではそれほど違いはなかったものの、7から8は劇的に変化しています。
個人でパソコンを使う場合、こういう変化は教則本などを買って勉強するしかありませんが、職場では、Windows8が出たからといって、一斉にOSがWindows8になってしまうわけではありません。

それは、今まで作ってきたデータの互換性と保護が必要だからです。
実際、Windows8の次に出るOSはもう少しWindows7に近い画面で発売されるのではないかと言われています。
OSについては仕事で使う分にはそれほど心配しなくても良いでしょうが、MS-Officeなどのアプリケーションはどうなのでしょうか。
これらは、基本、上位互換と言ってバージョンが新しいものは古いものをサポートするのが基本です。

中にはファイルを変換してしまうと、下のソフトに戻せなくなってしまうアプリケーションもありますが、古いソフトで作ったものでも、きちんと使えるのが本来です。
また、ユーザーフレンドリーな立場からも、使い勝手が全く違う、というものも少ないです。
新しい機能やふるいバグが取り除かれることはありますが、見た目が多少変わっていても、使える機能が減ってしまうということはほとんどありません。
そういった意味で、フリーエンジニアは色々なパターンのOSで仕事をしなくてはいけないので、対応できる能力が必要なのかもしれませんね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です